トップページ > 結婚式の節約技・豆知識 > 結婚式を賢く節約する技 その1:ドリンク編

結婚式を賢く節約する技 その1:ドリンク編

結婚式はお金が掛かるもの。でもできるだけお金を掛けずに素敵に演出していきたいですね。節約しつつも素敵な式&披露宴にできる方法を探って行こうというこのコーナー。結婚式を節約する技の第一回はドリンク編でお送りします。

結婚式でかなりお金が掛かるのが、料理とドリンク。料理は節約するとボリュームが足りなかったりケチったと思われる可能性が高いですが、ドリンクであれば上手く節約すれば誰にもケチったという印象を与えずに節約しながら素敵な演出にもすることができそうです!よく結婚式のコースに含まれているフリードリンク。これ一人当たり3,500円〜4,000円くらいですよね。1人当り4,000円分も飲み物を飲めるとは思えません。そこで、それをどうするかというのが以下です。

1. ドリンクも持込で
結婚式場にもよりますが、ドリンクを持ち込めるところもあります。持込ができるものが何かということは結婚式場の方からは教えてもらえないので、最初に持ち込めるものを確認しておきましょう。
持込料が掛からなければ半額くらい節約できます。実際に私が使った披露宴会場は持込料が掛かりませんでした。

n1346413009
2. フリードリンクではなく、アルコールなどの本数を決めてオーダーする。
フリードリンクにすると1人あたりの単価が3,500円から4000円となります。よく考えてください。あなたが参加した結婚式でそんなに何杯もドリンクを飲みましたか?2人のスペシャルドリンクと数種類のアルコール、ソフトドリンクなど本数を決めて用意しましょう。かなりの節約になります。

結婚式の節約方法

Photography: Edyta Szyszlo

3. シャンパンでの乾杯をなくして、オリジナルドリンクでの乾杯にする。
シャンパンでの乾杯にこだわらないといけない訳ではありません。結婚式で使うシャンパンは種類にもよりますが、普通のレベル物でも(結婚式場で注文すると)1本8,000円ほどすることが多いようです。名の知れた物にすればもっと高くなります。
シャンパンでの乾杯には下のような意味があるようですが、2人で作ったオリジナルカクテルで乾杯というのもロマンチックで素敵な演出になるでしょう。炭酸を入れたカクテルにすれば華やかさも増しますし、シャンパンと同じような効果が得られるのではないでしょうか。

結婚式のシャンパンで乾杯の意味
●注いだ時に沸き立つ泡に「幸せが沸きあがる」
「パチパチ」というシャンパンの泡が弾ける音が「二人の結婚を祝う天使の拍手」
●シャンパンで乾杯する際のグラスの音は「悪魔から2人を守る」(悪魔は大きな音が苦手)

結婚式の節約方法

出典:http://ameblo.jp/dapanda45/

4. ドリンクバーを作る。
自分で作れるドリンクバーを設置する。いくつかのベース(ウォッカベース、ワインベースなど)を置いておいて、果物などで自分の好きな物をトッピングしてアレンジできるようにする。

結婚式の節約方法

出典:http://www.popsugar.com/

5. 結婚式が終わってから披露宴までの待ち時間はアルコールを抜きで
結婚式が終わったあとの待ち時間はティータイムであれば、スコーンやクッキーなど簡単な食べ物と一緒にコーヒーや紅茶をお出しする。和婚であればお抹茶と和菓子といったものにしても素敵かもしれませんね。

結婚式の節約方法

出典:http://hitosara.com/

6. 披露宴中はテーブルにボトルを置いておかない。
ワインやビールなどのボトルはテーブルに置いておかずに式場の担当の人についでもらうようにすると、アルコールの消費量が減ります。
いかがでしょうか?ちょっとした工夫でドリンクは節約できそうですね。
一度検討してみても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

WP-SpamFree by Pole Position Marketing